京都府城陽市の金銀糸(金糸銀糸)・ラメ糸メーカー「泉工業」の戦務ブログ

IT業界から一転、京都の伝統「金銀糸(きんぎんし)」の生産量No.1の産地、京都府城陽市で金銀糸・ラメ糸を製造する父が創った会社に身を置き、地域活性と業界復興を目指し勉強の毎日!金銀ラメ糸に関連したイラストや繊維用語をかいております。

メディア掲載

金銀糸 いざ中国へ(朝日新聞2012年04月10日掲載)

2012年04月10日の朝日新聞様に、城陽の金銀糸を掲載いただきました。
WEB版と紙面の両方掲載です。ありがとうございます!

燦彩糸(さんさいし)朝日新聞01
金銀糸 いざ中国へ
2012年04月10日

■帯→アクセサリー・ストラップ…■
 着物の帯などに使われる「金銀糸(きんぎんし)」の中国への売り込みに、城陽市の業者らが乗り出している。金箔(きんぱく)を貼り付けた金銀糸は西陣の発展とともに栄えたが、和装の衰退で需要が減り、近年は停滞気味。中間層の伸長が目覚ましい中国で販路の開拓を目指す。

◆上海のショー 売り込み手応え◆
 3月中旬、中国・上海の経済開発区であったギフトショー。金銀糸で作ったブレスレットや指輪を並べたブースに人だかりができた。国営テレビの取材も受けた。
 ブースは、城陽市などの地元メーカー11社と、金銀糸業界の再生に取り組む城陽商工会議所が出店。糸そのものやドレスも含め約300点を展示した。
 西陣織製糸部門の伝統工芸士、竹村信行さん(67)=城陽市寺田=は「びっくりするくらいの反応があった。輝くものは中国で人気がある。仕上げが丁寧な日本の技術は通用する」と手応えを感じた。
 金銀糸は和紙に漆を塗り、金箔を貼り付けた後、細く裁断し、絹糸によったもの。現在、約50の工場が城陽市を中心とした府南部に集まり、その生産量は全国の約8割を占める。しかし、西陣の高級織物の需要減などの影響を受け、竹村さんが経営する工場での生産量も、ピークだった1980年代の半分以下に落ち込んでいる。
 商議所は2009年、中小企業庁から資金援助を受け、新たな販路や用途の開拓の努力を続ける。しかし、竹村さんは「このままでは和装を支えてきた伝統技術を持つ職人がいなくなってしまう」と懸念する。
 上海のブースで好評だったのは、中京区で手作りアクセサリーのブランドを立ち上げた西紗苗さん(32)。町工場を見学し、見えないところまでこだわって丁寧に加工する伝統技術に魅せられ、2年前から金銀糸を素材に使い始めた。西さんは「ブランドのメーン素材としたい。金銀糸をもっと輝かせたい」と意欲を見せる。
 商議所は今後、糸自体やアクセサリーを中国へ輸出する準備を進める。プロジェクト事務局の藤井知哉さんは「今回の出店で、中国に需要があることがわかった。今年は中国で本格的に販路を確立したい」と話している。

朝日新聞デジタルより引用



にほんブログ村ファッションブログへ
ファッションブログ


「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」に掲載いただきました

ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

▼ミモロの工場見学。ラメ糸の一環製造メーカー「泉工業」の巻。伝統だけじゃない京都のものづくり。

ミモロちゃんのブログは、トラベルライターの小原(小澤)誉子さんが継続されている人気ブログです。

小原さんは、「世界不思議発見」など多数の有名番組プロデューサーの実績があり、他にもアナウンサー、カラーリスト、海外TVの通訳&コーディネーター、そしてライターという多岐に渡るマルチぶり!

ステキなご縁に感謝です☆

小原さん、本当にありがとうございます!
まだまだミモロちゃんに行ってほしい、京都のステキな企業やお店がありますので、紹介させてくださいね☆


★経営の最新情報掲載中★
にほんブログ村 経営情報



全国一の生産量を誇る府南部の金銀糸の用途拡大や...

読売新聞WEB_燦彩糸PJ
京の深層
商品開発 海外売り込み


全国一の生産量を誇る府南部の金銀糸の用途拡大や新商品開発を目指す新たな取り組みを、金銀糸の生産者や城陽商工会議所が進めている。商品開発について企画から製造、販売まで一貫して行う独自ブランドをつくり、中国・大連市での展示商談会に試作品のウエディングドレスなどを出品、同ブランドとして初の海外PRを行うなど、活動を活発化。安価な外国製品の輸入や和装需要の落ち込みなどによる生産量の減少に歯止めをかけられるか、注目されている。(冨浪俊一)

 西陣織の帯地や相撲の化粧まわしのほか、カーテン、ドレスの生地、カーペット――。身近な生活用品を含め、さまざまな用途で使われている金銀糸。京都金銀糸振興協同組合などによると、現在、全国の生産の約8割を府南部で生産。中でも城陽市は、5割に達しているという。輸出も米国、アジア、欧州などの50か国・地域以上に及ぶ。

 しかし、安価な外国製品に押されるなどして国内向けの生産量はピーク時の約1割に減っているのが現状だ。同組合の加盟業者数は1980年代には約160だったが、現在では約50にまで落ち込んだ。後継者がいる業者は2割程度にとどまる。「加盟業者の約6割が家内工業で、古い商習慣が根強く残り、自ら考案したり、新たなものを手がけたりしなかった。このままではじり貧だ」。同協同組合前理事長で、藤原金糸工場(城陽市水主)代表の藤原実さん(67)は危機感を募らせる。

■  □

 このような状況を打開する糸口を見つけようと、城陽商工会議所は2005年、会議所内に商品化の可能性などを探る「金銀糸資源活用プロジェクト」を創設。08年度には、限りない色彩を秘めた「光の糸」というイメージを基に「燦彩(さんさい)糸」というブランドをつくった。さまざまな企業やデザイナーとの共同開発により付加価値をつけ、新たな市場開拓を目指す。

 少しずつ成果も出つつある。例えば、金銀糸を使った携帯電話用ストラップは、1年間で3000個を販売した。さらに、中京区に店舗を持つ若手デザイナーとの共同制作で、イヤリングやブレスレット、ネックレスなどのアクセサリーを完成させた。

□  ■

 同ブランドの設立に合わせ、金銀糸を軸に地域振興を図ろうと、11年7月には城陽市や井手町の11の生産業者が「京山城燦彩糸協議会」を設立した。若手メンバーの1人、泉工業の福永順さん(37)は「情報技術(IT)を活用しながら、メンバーの先輩とタッグを組み、新たな角度から伝統を切り崩したい」と意気込みをみせる。

 同協議会は海外展開も視野に入れており、昨年10月の大連市を手始めに、12年3月には「上海インターナショナル・ギフト・ショー」へ出展予定。欧州や米国もターゲットだ。

 ただ、同協議会の趣旨に賛同する業者は現時点ではまだ限られている。「付加価値の高い少量多品種の受注をしないと、生き延びられない。さまざまな商品を作ることができる集積産地の利点を最大限生かさなければ」と藤原さん。薄利多売からの転換に向けた模索が今後も続きそうだ。

金銀糸 日本で作られるようになったのは、江戸時代からだとされ、府南部は、豊富な地下水に恵まれ、また京都・西陣の需要にも支えられたことから、大きく発展した。和紙に漆を塗って金箔(ぱく)を貼り、細く切って芯糸とよりあわせる高級糸「本金糸」が製造方法の原点。現在はポリエステルフィルムに金、銀、アルミなどの金属を蒸着させ、その後合成樹脂塗料で着色する製法が主流になっている。

2012年2月26日 YOMIURI ONLINE読売新聞より引用



★経営の最新情報掲載中★
にほんブログ村 経営情報

展示会前の新聞掲載です!

新聞掲載01


ありがとうございます!
2月のヤーンフェアに向けて、今年も泉工業株式会社らしく、泉工業株式会社の強みを活かし、泉工業株式会社のミッションを遂行します!

「記事一覧」


ブログランキング参加しております。
良ければクリックお願いします。励みになります(^^)
にほんブログ村 経営ブログへ
経営ブログ



ラメ糸金銀糸メーカー 泉工業株式会社web
京都の伝統[金銀糸(きんぎんし)]メーカー☆

燦彩糸(さんさいし)、中国で輝く!(京都新聞掲載)

山城の燦彩糸、中国で輝け 城陽商議所、海外PR第1弾
京都新聞 10月21日(金)12時9分配信
燦彩糸(さんさいし)ニュース中国・大連で開かれる展示商談会に出展する燦彩糸のウエディングドレス(城陽商工会議所)


 山城地域の主要地場産業である金銀糸のブランド「燦彩糸(さんさいし)」の利用促進を目指す城陽商工会議所「燦彩糸プロジェクト」は、燦彩糸の海外PRに乗り出す。まず、28、29日に中国・大連で開かれる展示商談会で、燦彩糸を使ったウエディングドレスを紹介し、海外市場で「光の糸」の魅力を発信する。
 山城地域の金銀糸の生産量は全国の8割、特に城陽は全国の6割を占める一大地場産業となっている。
 しかし、近年は和装業界の低迷で生産量が減少している。そのため、城陽商工会議所が金銀糸の生産・販売業者と連携して2005年、燦彩糸プロジェクトを立ち上げた。中小企業庁の「JAPANブランド」にも認定され、和装以外の業種とのコラボレーションを展開している。
 「大連中日貿易投資展示商談会」には同プロジェクトのメンバー2人が参加。「燦彩糸の黄金の輝きと、中国の文化に深く浸透する金への憧れをマッチングさせる」として、ウエディングドレスを中心に出展する。
 ドレスは燦彩糸と兵庫の播州織のコラボレーションで、約3カ月かけて制作した特注品。ブーケには高級な本金糸も使っている。女性通訳に着てもらい、魅力を伝える。テーブルクロスや携帯ストラップなど、燦彩糸とのコラボ試作品も飾る。
 来年3月には上海の国際ギフトショーにも出展する予定。燦彩糸プロジェクト実行委員長の竹村信行さん(67)=城陽市寺田=は「燦彩糸を広く知ってもらい、販路の拡大につなげたい」と期待している。 .

京都新聞 - Yahoo!ニュースより引用

後染ラメ糸メーカー泉工業株式会社お問合せ

Textile-netアパレルウェブ
泉工業商品の通信販売

TextileBusinessSite繊維専門総合ポータルサイト
泉工業商品カタログPDFなど

泉工業株式会社_専務取締役 福永順

Jun Fukunaga

メディア出演/掲載

◆テレビ出演◆
BSジャパン(全国放送) テレビ出演_泉工業株式会社_BSジャパン(全国放送)
テレビ出演_泉工業株式会社
テレビ出演_泉工業株式会社_KBS京都

メディア掲載一覧

ブログ内検索
日本各地からアクセス

ジオターゲティング


訪問アリガトウゴザイマス
  • 累計:

月別表示
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ